ビジネス関連

部下にやる気を出させる方法

やる気
山元が仕事をとおして思ったこと
仕事の悩みに関する小ネタ帳

 

どうも、山元タカトブです!

 

人生30年や40年やってると、当たり前ですが職場で部下を持つようになります。

僕が社会人になったばかりの頃は、尊敬できる先輩に出会って

「将来この人みたいなになりたい!」

「どうやったら部下から慕われる上司になれるのか?」

と考えたりしていました。

 

そんな僕も部下を持つようになり、仕事をしていく上でどうやって部下との信頼関係を築き、そしてやる気を出させるのか悩んだりしていました。

ひょっとしたら、あなたも同じではないでしょうか?

 

そこで今回は、「部下にやる気を出させる方法」についてお話していきます。

部下の指導は奥が深く難しいですが、少しでもあなたの参考になれば幸いです。

 

 

単に「がんばれ!」と言っても出来はしない

マイク

まずは前提のお話、

部下を持つ上司にとって、すべての部下が一人前であるとは限りません。

経験の浅い人間や新人も混じって、共に仕事をしなければならないのが普通でしょう。

そして大きな成果を上げるには、そんな部下の能力を伸ばしつつ、できる限りやる気を引き出すことが求められます。

 

僕も過去に経験したことですが、まだ十分に基礎を身につけていない新人に対して、

「よし、がんばれ!」

とバカの一つ覚えのように繰り返し言っていたことがありました。

この時の僕は若く、「熱意を持って応援すれば、きっとやる気を出して応えてくれる!」と大きな勘違いをしていました。

 

まだ基礎も身に付いていない新人に具体的な教育もせず、「がんばれ!」とだけ言っても、当然できないものはできないです。

根本的にできないことに対して、上司が応援でプレッシャーをかけ続けることは

単なる部下いじめ

です。

 

入社したばかりの新人が、応援だけで仕事ができるようになるわけがないのです。

自力でいきなり出来る天才肌の新人は、100人に1人いればいい方ではないでしょうか。

通常、上司が率先して手本を見せ、部下にやらせてみた上で、具体的な指導をして成長を促すべきです。

 

見本もろくに見せてくれない上司の応援など、部下にしてみれば

小うるさい雑音

にしか聞こえないでしょう。

 

 

部下のできる度を掌握する

 パズル

部下の「仕事のできる度」には、本人に関する3段階のレベルがあります。

  • レベル1「やる気がない」
  • レベル2「やり方が分からない」
  • レベル3「能力が不足している」

 

一番低いレベル1は、やる気がない部下です。

特徴としては、仕事にほとんど興味がなく、給料がもらえてクビにならない程度にしか仕事をしようとはしません。

どんなに丁寧に仕事を教えても、本人がやる気を出してもらわなければまったく意味がなくなってしまいます。

 

そしてやる気があったとしても、仕事のやり方を知らなければ結局どうにもなりません。

独学のみで戦力になる新人などははっきり言って稀です。

あなた本人が教えるか、教えることに長けた別の人間を教育担当に付けます。

 

こうして手間をかけて、少しずつ能力アップの手助けをしていきます。

そしてあなた自身には、継続的にステップアップさせて育てる根気が必要となります。

その時の教え方は、

その業務や作業ができる人の目線に立つのではなく、新人だった頃を思い出しながら、

「まだできない人の目線に立って教える」

ことがポイントです。

 

また、個人の能力によって物覚えの良し悪しは当然あるので、その部下の能力にあった教育をしてあげましょう。

そして、覚えが悪いからといってカンシャクを起こしてはいけません。

ここで新人の気持ちに合わせることができるかどうかで、あなたの「上司としての器」の大きさが試されるからです。

 

それでは次に、上で紹介した3つのレベルについて、具体的対処法を説明していきます。

 

レベル1の対処法:部下にやる気を出させる

レベル1では、やる気のない部下からどうやってやる気を引き出すかが目標となります。

口で言うのは簡単ですが、お察しの通りこれがすごく難しいです(笑)

 

僕が思う新人の仕事の上達が速くなる秘訣は、「その仕事の面白さを伝える」ことです。

その仕事で身に付けた能力がどんな可能性を秘めているのか、

教える相手に「立派になった自分」の姿を想像させる工夫をしてみてください。

 

まず有効なのは、「あなた自身が仕事を楽しんでいる姿を見せる」方法です。

新人にとって今一番身近にいるあなたがイキイキと仕事をし、周りからも一目置かれている状況を直に見せてあげましょう。

あなたに直接それが無理だったとしても、その業界で有名な人の実績を紹介する方法もあります。

 

給料に興味がある新人なら、能力向上の度合いで昇給するなどの金銭的メリットを教えてあげるのも有効な手段です。

 

あなたに人間的魅力の自信がある場合、仕事以外のプライベートでも気をかけてやり、部下の信頼を得てついてこさせる方法もあります。

例えばあなたが、お酒好きなら評判の居酒屋に連れて行ってあげたり、スポーツ好きなら休日に新人と一緒に汗を流すのもいいでしょう。

これは人間的相性が重要となる部分ですが、試してみる価値はあると思います。

 

このように、仕事のやりがいやプライベートの楽しみ方を教えることで、部下のやる気を自然に引き出すことができます。

 

レベル2の対処法:基本・基礎を徹底的に叩き込む

仕事のイロハ、特に基本・基礎を習得させることがこのレベル2での目標です。

一からきちんと覚えられるように、速度より正確性をもって教えることがポイントとなります。

 

まずは仕事の全体像を簡潔に教え、やるべきことの全体イメージを持たせることから始めます。

次の段階として、その業務や作業の工程を分かりやすく区分し、各工程でどんなことをしていくのかを明らかにします。

こうすることでより具体的な説明ができ、教育を受ける側も頭の中の整理がしやすくなります。

 

この時の重要なコツは、

教えた工程を口で説明させながらやらせてみる

ことです。

やらせてみて、どれだけ詳しく説明できるか、どれだけ正確に作業できるかを見極めて、教える速度を調整してあげましょう。

 

ここであなたが気をつけるべきことは、部下の目線に立つことに着意し、できるまで怒らず丁寧に指導することです。

いくらちゃんと教えているからといって、上からの物言いをしたり、怒りながら教えられたりしては、「部下の耳が餃子になる」だけです。

餃子の耳

可愛い部下の耳を餃子にするのではなく、

一緒に餃子を食べに行きたくなるような優しい上司

を目指してください(笑)

 

レベル3の対処法:効率的に進める技を伝授する

基本・基礎を概ね覚えたら、次は仕事のクオリティーを上げる教育をします。

仕事をより効率的に、そして単独でもこなせる状態にすることがレベル3での目標です。

 

この段階では、全体の作業内容は頭の中にあるので、後はその作業を効率よく終わらせるコツを教えていきます。

どこが作業のポイントなのか、いかに早く処理するかを伝えます。

ここで重要となるのは、作業の途中段階をあなた自らが監督し、誤りがあればその都度修正するを忘れないでください。

 

そしてもう一つ大切な点、たとえ新人であっても

自分で何とかするクセをつけさせる

ということです。

 

例えば、部下があなたに質問してきた時に答えを教えるのではなく、答えにたどり着くためのヒントを出してあげてください。

仕事を急いで仕上げなければならない時を除いて、分からないことがあれば自分で調べて解決するクセをつけるように指導します。

部下の将来を考えて、甘やかすのではなく厳しくも心の込もった指導をして、新人をいち早く立派な戦力に育ててください。

 

 

最後に…

楽しく!

さて、いかがだったでしょうか?

部下の成長とは、本人は当然のこと、上司にとっても

相乗効果で仕事の質が上がる

という大きなメリットがあります。

 

部下のやる気を最大限に引き出すためには、その時点で持っている能力を活用するだけではまだ足りません。

部下が潜在的に持っている能力を持続的に高めてこそ、「本物のやる気」を起こさせる起爆剤となります。

こうして部下を育成することで、あなた自身も今まで気付かなかったことを学んだり、共に成長することができるでしょう。

 

部下を持つということは大変なことですが、背中で引っ張っていけるような男になりたいと思う今日この頃です。

 

それでは、またお会いしましょう!

山元タカトブでした。

 

 

☆しょっちゅう更新中!?

山元タカトブの「お悩み相談室」「ビジネス関連記事」などなど…

あわせて読みたい
サイトマップ
サイトマップよろしければご覧くださいませ(^-^)...
ABOUT ME
アバター
山元 高翔
居住地:兵庫県 出身地:大阪府 趣味:カラオケ、ゲーム、海外ドラマ鑑賞(基本家が好き) 家族:奥さん、高校生の息子、中学生の娘、そして私の4人家族です。 仕事:サービス業を主とする組織に勤めております。 ペット:かわいいドラ猫(♂)がいます。