仕事のお悩み相談室

仕事量が不公平なら辞めちまえ!

辞めちまえ!
山元が仕事をとおして思ったこと
仕事の悩みに関する小ネタ帳

 

どうも、山元タカトブです!

仕事のお悩み相談室の時間です。

 

今回は、「仕事量が不公平なら辞めちまえ!」という激励記事でございます。

あなたが今の職場で

「仕事量に不公平感や不満」

があるなら、ぜひ読んでみてください!

 

仕事量のハナシ

どうしよう?

「仕事量」。

どのくらいの仕事をしたか、どのくらいの作業をしているか、そしてどのくらいの時間をその作業にかけているか?

様々な尺度からこの仕事量を推し量ることはできますが、そこで「必ず生まれる感情」があります。

それすなわち、「不公平」という感情です。

 

例えば、

あなたが毎日残業をして仕事量もかなりのものになっているにもかかわらず、(極端な話をすれば)あなたの上司はそれよりも少ない仕事量で待遇が良いということもあるでしょう。

もっと大袈裟な話をすると、おそらくあなたよりも専務や常務、あるいは社長さんなどは劇的に仕事量が少ないにもかかわらずお給料は相当良いのではないでしょうか?

 

もちろん、会社での役職が上がるにつれて業務にも違いは出てきますので一概には言えませんよね。

ですが少なくとも、仕事にかける時間はあなたよりも少ない可能性の方が高いと言えるでしょう。

果たして、これを不公平と言わずして何と言いうのでしょうか!?

 

「役職が低ければ仕事量が増えて当然だろ!」

という「ベテランの上役さん」的な考え方もあります。

また、同様に昭和の時代から言われていることとして「若い時の苦労は買ってでもしろ」という言葉もあります。

しかしながら、そういったことを差し引いても

「明らかにあなたの仕事量だけが多すぎて周りは楽をしている…」

そんな状態は不公平と言わざるを得ません。

 

ここで僕は声高に宣言します。

「仕事量が不公平なら辞めちまえ!」

と。

 

不公平はぶっ壊せ!

イライラMAX!

さあ、よろしいですか?

理不尽極まりない「不公平」はぶっ壊されてしかるべきです。

 

何も

「会社でバールを持って暴れろ!」

という話ではありません(笑)

ですがとにかく、不公平であることは「不公平だ!」と声をあげるべきなのです。

 

そして、あなたがその声をあげたことによって

  • あなたが著しく冷遇されてしまったり
  • 仕事の業務割り当てが縮小されたり
  • 明らかに不自然な転勤を言い渡されたり

このような場合には、次の行動を起こすべきなのです。

 

次の行動とは?

ズバリそれは

「仕事を辞める」

という選択肢の検討です。

 

あまりにも不公平な仕事量であれば、あなたが誰かの仕事量を軽減するために、役立てられて、もとい「うまく利用されてしまっている」というわけです。

つまり、誰かのやらなければならない業務を

「あなた一人に押し付けられてしまっている」

と考えても良いわけです。

 

それで待遇が低い、あるいは待遇に反映されていないということであれば、未来永劫、我慢に我慢を重ねてまで、

そんな会社にしがみついている必要はどこにもありません。

 

きっと、適正な仕事量で適正な待遇を持ってあなたを迎えてくれる会社はあるはずです。

それが無ければ、独立開業して顧客から直接報酬を頂けば良いだけのことです。

難しく考える必要はないと僕は思います。

 

不公平から一発逆転の独立という考え方

待遇は低くて人間関係もスムーズではなく、そして上司との関係も決して良好とは言えない、そんな状況下で仕事をして何が楽しいのでしょう。

 

「この状況を心から楽しんでいる人」というのは、あなたの周りにもいないのではないかと思います。

あなたの職場に、あなたと同じように苦しんでいる人が他にもいるかもしれませんね。

もちろん、武者修行中ということであれば決して止めは致しませんが、少しでも待遇よく、そしてあなたは適正に評価されるべきです。

そして、周りからの評価も低く、あなたのことを下に見ている同僚や上司が多いと言う時は、

キッパリやめちまいましょう、仕事を。

 

独立・開業という一発逆転コースを狙ってみるというのも良いのではないでしょうか。

何も戦国時代の世でありませんから、失敗したからといって死んでしまうことはありませんからね。(←よほど変なビジネスや、レバレッジをかけたビジネスでない限りは)

命までは取られないのが現代のビジネスですから、恐れて機会損失するのは勿体ないです。

 

働き方改革や、個の時代と呼ばれる昨今ですから、収入を得る方法の選択肢は昔に比べて格段に広くなりました。

それこそ、あなたが得意としていることや提供できる技術を棚卸しすることによって、商圏やビジネスチャンスが見えてくることもあるでしょう。

 

そしてインターネット上で仕事を発注したいと考えている大手企業や上場企業なども最近は増えてきていますので、

「ここからのし上がっていくこともできる!」

と考えられるのではないでしょうか。

 

オンラインで完結できる、つまり自宅でできる仕事の方法については別の記事でも解説しています。

ぜひこちらも合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
テレワークパパ
家でできる仕事おすすめ4選山元が仕事をとおして思ったこと 仕事に関する小ネタ帳 どうも、山元タカトブです! 今回は、「家でできる仕事おす...

 

本気で環境を変えたいあなたへ…

虹色の人生

●本気で「起業」を目指すために…

 

安定した仕事は確かに大事です。

しかし、あなたが「真に苦しい仕事」を我慢してまで続ける必要は

全くもってありません。(←超断言します!)

 

生活より、お金より、世間の体裁を保つことより、

まずあなたが、自分の人生に対して希望を持つことを最優先に考えて下さい。

「仕事とは、人が活きるためのものであって、生きるためだけに不必要な苦痛を我慢するものではない!」

と僕は心の底から思っています。

 

どうしようもなく辛い場合、

  1. まずは即座に退職する。
  2. もしくは、一時的にあなたに合った転職をする

そして体勢を立て直して問題を解決し、

満を持して起業を開始する!

 

戦略的撤退も時として必要不可欠です。

このことを視野に入れておくと良いでしょう。

 

世の中には、あなたの「ステップアップを応援してくれる企業」がたくさんあります。

ニコイチの「退職代行サービス」は、「会社をやめたいけど辞めれない」あなたのために以下のことを実施してくれます。

  1. 本人に代わって、会社へ退職の意志を伝えてくれる
  2. 依頼して当日または翌日には退職させてくれる
  3. 上司や同僚などと顔を合わせずスムーズにやめることができる
  4. 退職したことを絶対に家族等に漏らさない
  5. ストレスなく、依頼後すぐに退職交渉から完遂にいたるので時間的にも精神的にも一切ストレスがない

つまり、

とにかく会社を素早く辞めたい

ときには打って付けです。

 

SNS(Twitter・FACEBOOK)でのニコイチの評判・評価・口コミ投稿確認は以下よりご確認してみてください。

→「ニコイチ 退職」のTwitter(ツイッター)検索結果

頑張っているあなたを否定する権利は誰にもありませんよ!(^-^)

 

最後にお伝えしたいこと

重要2

仕事量が不公平で、明らかに自分だけが損な役回りを毎回やらされている。

または、貧乏くじを引かされてしまっている。

こういう場合、そしてあなたの働きに対して適正な評価を得られていないと感じる時は、

「辞めちまいましょう、仕事を。」

 

辞めたからといって死ぬことはありません。

そして最近では、新たな働き先を探す事も昔ほどは難しくなくなりました。

 

今では転職エージェントなどもあり、独立開業してもしばらくの間はクラウドソーシングなどの仕事を取ることによって食いつなぐということもできるでしょう。

またその独立開業が成功すれば、会社に勤める必要もなく、自由な人生を歩みだすことも可能性としては生まれてくるというわけです。

 

「そんな怖い事できないよ…」

と思って行動できなければ、一生現状が変わることはありません。

一歩踏み出す勇気こそが、道を切り開く唯一の武器となります。

 

僕も仕事を辞めるときは不安はありました。

ですが今はそんな不安よりも、

「本気の本気で打ち込める事に毎日楽しみながら挑戦」

しています。

 

それがこのブログ運営であり、ヤフオク転売です。

自由と苦労がある分、「充実した人生が送れる」ことは間違いありません。

自分独自の仕事を持つというのはそういうことだと思います(^^)

 

ということで、今回はここまでとなります。

山元タカトブでした。

 

→HOMEへ

☆しょっちゅう更新中!?

山元タカトブの「お悩み相談室」「ビジネス関連記事」などなど…

あわせて読みたい
サイトマップ
サイトマップよろしければご覧くださいませ(^-^)...
ABOUT ME
アバター
山元 高翔
居住地:兵庫県 出身地:大阪府 趣味:カラオケ、ゲーム、海外ドラマ鑑賞(基本家が好き) 家族:奥さん、高校生の息子、中学生の娘、そして私の4人家族です。 仕事:サービス業を主とする組織に勤めております。 ペット:かわいいドラ猫(♂)がいます。