ビジネス関連

自由を実現するための5つの心構え

山元が起業や独立の参考になった
仕事にまつわる小ネタ帳

 

最近、日本古来の雇用形態に変革がもたらされていますね。

週4日労働、出社不要の在宅式勤務の「ゆるい就職」など、働き方改革がなされ、今後もどのような新たな雇用形態が生まれるのでしょうか?

これからの未来、正社員だけが最良という価値観ではなく、いかに個人の理想の人生を実現し、「雇用されずに自由になりたい」、「時間に縛られず好きなことをして生きていきたい」と考える人が続々と増えていきます。

年齢など関係はなく、大学生から中高年の方まで、理想とするライフスタイルは様々です。

 

「まさに私もそう思っている人間の一人です。自由を実現させるために重要なポイントってあるんですか?」

山元「押さえておくべきポイントはもちろんあります。最初は難しいと思うかもしれませんが、ひとつずつしっかり意識すれば、誰でも実践できることです!」

 

人によって【自由の定義】は違うと思います。

単純に稼いだ金額の大きさが自由に繋がると考える人、いかに労働時間を短くし、精神的余裕を得ることが自由だと考える人、考え方は人それぞれ千差万別です。

あなたもまず前提として、自分が思う自由の定義をしっかり決めた上で、目標設定してみて下さい。

ということで本題に入りましょう。

 

◎自由を実現するための5つの心構え

心構え その1

常に最新かつ正確な情報を収集する

雇われているうちは、仕事に必要な情報、やるべきこと、やるべきではないこと、やらなくてもいいことなど、あなたのことを管理している会社がある程度示してくれていると思います。

しかしいざ個人で仕事をするとなると、自分の力で情報を手に入れ、自分でそれら全てを精査し、その結果を仕事に反映させなければなりません。

ニュース、新聞、インターネット、専門情報誌などなど、世間にはありとあらゆる情報が溢れています。

例えば、大海原をゆく船が岩礁の位置を察知し、危険を避けながら正しい航路を選定して宝島を目指すように、

あなたも常に新しい情報を収集し、それを正しく活用していく必要があるということですね。

ただし、冒険には信頼できる仲間が必要不可欠ですので、可能な限り仕事関連のコミュニティには参加したほうが良いです。

有益な情報交換や自分の仕事に対するアドバイスが得られる環境はぜひ整えておきましょう。

 

心構え その2

自動収入を生む仕組みを幾つか構築する

自由な時間とお金を得るためには、この項目がかなり重要になります。

世間では、年収が1000万円以上の人のことを無条件で羨む人がいますが、それは実情を知らないからです。

その人が自ら動き続ける労働でその収入を得ている場合、代償を幾つも払っているということを理解しなければなりません。

自分の余暇を犠牲にし、家庭を犠牲にし、健康な体すらも犠牲にして得られる大金に、果たしてどれほどの価値があるでしょうか?

収入はそこまで高くなくても、もしあなたが家族とゆったりとした時間を過ごし、趣味などを思う存分楽しみながら、自動で安定した収入が得られるとしたらどうでしょうか?

どちらが有意義な人生か?人の価値観にもよりますが、おそらく後者を選ぶ人が多いと思います。

自動化の方法はいくつかあります。ブログやメルマガでのアフィリエイト、せどりなどの物販にしたって「自分にしかできない作業」以外を全て外注組織化するなどして半自動化する事ができます。

 

心構え その3

稼ぎの一発屋にならない

あなたが収入の自動化を作れたとして、それが1、2年でしかないものであったならどうでしょう?かなり不安ですよね?

これでは精神的余裕なんて夢のまた夢になってしまいます。

10年、20年後と、流行や多少の経済悪化にも影響されない収入の自動化が必要です。

つまり、一過性の強い稼ぎ方では、本当の安定した精神は得られないということですね。

例えば、これはある経営コンサルタントAさんから聞いた話です。

Aさんがある会社社長から相談を受けたそうで、「この先会社がやっていけるか不安で仕方がありません、どうすればいいですか?」という漠然とした質問をされ、話を聞いてみると、

 

社長「会社の波がすごくて夜も眠れません!」

Aさん「どういうことですか?売上が上がらず経営が荒れているということでしょうか?」

社長「違うんです!今年の会社の利益は3億円くらいなのですが、去年は800万円なんです。ど、どうしましょう?」

Aさん「?、良かった!じゃないんですか?」

社長「来年も同じくらい売り上げられる自信が全くありません。会社の今後を思うと本気でノイローゼになりそうです!」

 

この話、ただの遠回しの自慢話にも聞こえますよね。

しかしいくら億単位の利益を得たとしても、そこに成功の根拠や今後の方針もないとしたら、逆に大きな不安材料になる人もいるのです。

なぜなら、コツコツと成功の法則を学ぶ間もなく偶発的に上手くいった人には、稼げるという自信、バックボーンができていないからです。当然そうなると儲かってからの次の一手が分からず、迷走し失敗してしまうのです。

「一発屋でも稼げれば不安なんて微塵もないね!今が良けりゃオールオッケー!」

というアイアンハートな方であれば問題ないのですが笑

さて、あなたはどうでしょうか?

 

 

心構え その4

稼げなかった頃の自分を忘れない

「初心忘れるべからず」に「驕れる者は久しからず」、よく聞くことわざですが、シンプルにして素晴しい先人からのアドバイスですよね!

あなたは今、独立に向け一言では表せないほどに苦心しているのではないでしょうか?

会社だけでもストレスの山なのに、遊びもせず、飲みにも行かず、休日も早朝から晩まで勉強し、家族との時間も削り、誰に褒められるでもなく孤独に戦い続ける。

人生において自分が望む光を浴びるには、どこまで続くか分からないトンネルを走り抜けるしかありません。

そしてその苦しみは、きっと成功した後のあなたにとって大きな財産となるはずです。

成功した後ほど、稼げなかった昔の自分を思い出すようにして下さい。

儲けたお金を浪費するのではなく、常に成長のために投資して下さい。

お金があなたを偉くすることは絶対に無いので、今ひたむきにビジネスと人に関わっている、その謙虚な気持ちを失くさないで下さい。

あなたがもし成長することを止め、人の心を大事にしない起業家になってしまったとしたら、掴んだ成功はすぐに水の泡となるでしょう。

この事を常に心の片隅に置いて、成功を噛みしめたいものですね。

 

 

心構え その5

自由を手に入れた後のビジョンを持つ

最後は、

「望むだけの自由な時間とお金を手に入れた後、どのようにして生きていくかを今から考えておきましょう。」

と、つまりはアフターフォローのお話ですね。

この先あなたが、努力の甲斐あって自動的に毎月100万円の収入を得る仕組みを作れたとしましょう。

例えばその後の行動は、

【会社を辞める】→【時間を手に入れる】→【お金も手に入る】→【思いつく限りの自由を満喫する】→【自由に飽きてくる】→【ん?あとは何すりゃいいの?】

となりそうではありませんか?

人間、自分の内なる欲求を大方叶えてしまった後は、外に向けて何かに貢献することを求めるようになると言われています。

「自由な時間を使ってボランティア活動をする」「儲けたお金の一部を貧しい子供たちのために寄付する」など、最初はどんな些細なことでもいいので、成功前からでも「幸福の還元」ができるように意識してみて下さい。

なぜこれが必要なのか?

別に聖人君子になれと言っているわけではありません。

多くのお金を稼いでいる人が共通して持っているものがあります。

それは「幸福を持て余す前に誰かに分け与える」という精神です。

分かりやすく言うと、富を独占して持ち続けていると、運を使い果たしたり、人から妬み恨みを買ったりしてマイナス要素も色々と出てきます。

これを防ぎ、人生のバランスを保つため「幸せのおすそ分け」をするのです。

適度に幸福を譲渡することにより、結果またプラスになって帰ってくるという理論ですね。

お金持ちは無意識か意識的かはともかく、これを理解しているからこそ、自分の時間とお金を人のためにも使うのです。

つまり、あなたも成功後の生き方も予め考えておき、幸せを適度に還元することでさらに良い人生を送ることができるのです。

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

  1. 常に最新かつ正確な情報を収集する
  2. 自動収入を得る仕組みを複数構築する
  3. 稼ぎの一発屋にならない
  4. 稼げなかった頃の自分を忘れない
  5. 自由を手に入れた後のビジョンを持つ

雇われない自由というのは、ひとつの理想の生き方です。

これを実現させ、持続させるための重要ポイントをご紹介させて頂きました。

自分はどうなりたいのか?

目的意識を持って臨めば、必ず良い結果に繋がっていきますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

それではまた!

山元タカトブでした。

 

 

☆しょっちゅう更新中!?

山元タカトブの「お悩み相談室」「ビジネス関連記事」などなど…

あわせて読みたい
サイトマップ
サイトマップよろしければご覧くださいませ(^-^)...
ABOUT ME
アバター
山元 高翔
居住地:兵庫県 出身地:大阪府 趣味:カラオケ、ゲーム、海外ドラマ鑑賞(基本家が好き) 家族:奥さん、高校生の息子、中学生の娘、そして私の4人家族です。 仕事:サービス業を主とする組織に勤めております。 ペット:かわいいドラ猫(♂)がいます。