仕事のお悩み相談室

サラリーマンが向いてないので独立したい人へ

山元が仕事をとおして思ったこと
仕事の悩みに関する小ネタ帳

 

どうも、山元タカトブです!

仕事のお悩み相談室の時間です。

 

【質問】サラリーマンは自分に向いていないと考えていますが、独立するとはどういうことなのでしょうか?

色々あり過ぎてサラリーマンが嫌になりました。

明らかに私には向いていないので、真剣に独立を考えています。

もちろん他の会社への転職も考えてはみましたが、また同じサラリーマンをやる自信は全くありません。

そこで、起業するにあたっての考え方、また独立することのメリットや大変なこともあれば教えていただきたいです。



【答え】はっきり言って独立は超大変です。ですが、いばらの道をくぐり抜けた先には「自分らしく輝く世界」が待っています!

なるほど、色々あり過ぎて…ですか。

お察しするに、理不尽な量の仕事を振られたり、人間関係などでもストレスが積り、多くの失敗が重なったのではないでしょうか?

とすると、サラリーマンをやって行く自身も意欲も失くしてしまうのも無理はありませんし、自分は向いていないのでは?と思い悩む方は多いです。

 

そして頭に思い浮かぶことの一つとして、転職を考える人もいるでしょう。

最近では就職氷河期も鳴りを潜め、多少は不景気も回復されてきてはいます。

その頃に比べれば、転職することは難しくない時代になってきていることは喜ばしいことです。

 

ですが、サラリーマンからサラリーマンに転職しても原則変わらないことがあります。

それは「サラリーマンは他人に使われる人生」であるということです。

強制的な長い労働時間、会社のために身を粉にして働いて得られる給料はごくわずか、大事な人生のハンドルを他人に握らせている生き方です。

 

これから先、あらゆる職業がAI 化される大変動の時代へと突入していきます。

仮に今あなたが大企業に勤めていても、機械化の波は確実に押し寄せてきます。

機械に仕事を取って代わられて、いつ人員削減の対象になってもおかしくない状況なのです。

 

少し先を読んだ視点を持てば、サラリーマンとしての生き方は必ずしも正解とは言えません。

いざという時ほど会社は責任を取ってはくれませんからね。

自分の思い通りに生きる手段の一つとして、自立して生きる能力を身につけることができる起業があります。

そして「独立する」とは、会社等の組織に勤めることをやめ、自分主体の事業を起こして生計を立てることを言います。

 

起業すれば、勤め人の時とは比較にならない責任を負う必要はあります。

しかし自分の努力と能力に応じた収入を得ることは、何にも代え難い充実感と達成感があることも事実です。

 

起業する上での基本的な考え方としては、

「他人よりも頑張ることができて、ノウハウを理解している業種」

を選ぶことです。

僕の経験上の感覚で言うと、新規に独立・起業する人は飲食店を開業することが多いです

実際に僕が勤めていた会社の先輩も、退職金を元手に喫茶店を開業し、今や数店舗のオーナーとなっています。

 

ここで大事なのは、勢いで独立せずきちんと修行して基礎を作り、事業計画を立てて独立することです。

これをしっかりとやっている人は、商売としてちゃんと成り立っています。

自分が心からやりたいと思っていること、それを楽しみながら仕事にしている人ほどの幸せ者はいないと思います。

たとえ色々な苦労はあっても、その人生はとても輝いて見えるでしょう。

 

色々な独立方法について

さて、どんな独立方法があるのか一部ですが紹介いたします。

 

例えば、あなたに起業に役立ちそうな資格やの実務経験がある場合、士業(介護士、会計士、税理士など)で独立することができます。

一定期間勉強し(人によって長短ありますが…)、資格試験にパスして、見事その業種の仕事に就くことができれば第一段階成功です。

そこで下積みを重ねて、自己のスキルとノウハウや人脈を構築していきます。

そして自分の事務所や営業所を立ち上げることができれば第二段階、晴れて独立成功です。

簡単な方法とは言えませんが、他人よりアドバンテージと言える資格がある人は挑戦する価値があると思います。

 

資格や特別な能力がない場合はどうするか?

例えば、独立起業のモデルとして優秀な業種である「ハウスクリーニング業」があります。

 

メリットとしては一人でも始めることができ、車と掃除道具さえ揃えれば一人で仕事ができます。事務所も自宅を使って構えることができるので経費も小さくて済みます。

もちろん、最初はどこかの業者で下働きをしてノウハウを学ぶ必要はありますが、他の業種と比べて短期間にノウハウを学ぶことができます。

特に初心者の方は、このような自己完結型の業種での独立が一番おすすめです!

 

その他に、起業ではないのですが自分のブログやサイトを運営して独立を狙う方法もあります。

構築したメディアに固定ファンがつき、閲覧数が伸びれば色々な広告を入れて収入を得ることができます。

またはアフィリエイトで様々な商品を宣伝して商品を売るのもいいでしょう。

 

ただし、ブログ運営などは非常に時間と根気が必要となります。

数ヶ月収入が入らないことは珍しくなく、生活できるレベルになるまで数年かかる場合もあります。

もし挑戦する場合は、しっかりと見積もりを立てた上で実践してください。

 

これらの紹介はあくまで一例ですが、

【ビジネスを立ち上げて自分自身が社長になってしまう】

のも人生として面白いと思います。

 

人の会社の中では人が作ったルールに従わなければなりませんが、自分の会社であれば責任を伴う分あなた自身がルールを作ることができます。

もちろん法律など守らなければならないことはありますが、自分で考えて自分の都合で働くことができるようになります。

もしもあなたが今の会社でうまくいっていなかったとしても、

「人の下で働くより自分のルールで働いた方がうまくいく人」

になればいいのです。

 

ただ一つ注意しておきたいのは、たとえどんなに小さい業種であっても企業には実績やアイディア、多少の人脈や資金が必要になるということです。

まずはフリーランスになって、自分が開業するために必要なノウハウと資金を蓄え、時間をかけて綿密に計画を練ることが重要となります。

 

まとめ

たとえサラリーマンに向いていないとしても、要は収入を得るための方法さえ知っていればあなたは自由に生きていくことができます。

そのことに気づき、それ相応の努力をした上、独立して成功することができたとしたら…

あなたが今いる会社という場所が、いかに小さく閉鎖的で「他人のルールに縛られた世界」であったかに気付く日が来るでしょう。

 

自分で起業するもよし、ブログなどで独立してしまうもよし、難易度が高くても構わないなら株やFXで生計を立てるのもよいでしょう。

当然リスクヘッジは必須ですが、リスクを恐れて挑戦に躊躇していては

現状は永遠に変わりません。

はっきり言ってしまえば、他人から見て問題があろうがなかろうが「お金が稼げて生きていける」のであれば

誰に何と言われようが全く問題ない

のです。

 

社会人として一般的に働くことが性に合わないことを責める必要はありません。

人としてのルールはしっかりと守りながら、あなたらしく自由に生きた方が100%絶対に幸せです!

理想の人生を目指して、お互いに頑張っていきたいものですね。

 

山元タカトブでした。

 

 

☆しょっちゅう更新中!?

山元タカトブの「お悩み相談室」「ビジネス関連記事」などなど…

あわせて読みたい
サイトマップ
サイトマップよろしければご覧くださいませ(^-^)...
ABOUT ME
アバター
山元 高翔
居住地:兵庫県 出身地:大阪府 趣味:カラオケ、ゲーム、海外ドラマ鑑賞(基本家が好き) 家族:奥さん、高校生の息子、中学生の娘、そして私の4人家族です。 仕事:サービス業を主とする組織に勤めております。 ペット:かわいいドラ猫(♂)がいます。