ビジネス関連

成果が出ないときにすべき思考法

成果なし
山元が仕事をとおして思ったこと
仕事に関する小ネタ帳

 

どうも、山元タカトブです!

 

今回は、「成果が出ないときにすべき思考法」というテーマでお話しします。

 

成果が出ないときにすべき思考法

学習脳

どんな業界でもそうですが、仕事の実績、つまり「成果」が何年経っても始めた時とあまり変わってない人がいます。

その逆で、たったの1~2年で大きな成果を挙げ、高いステージへ駆け上がっていく人もいます。

これは単純に能力の差ではなく、その人の「思考法」にあるのではないでしょうか?

 

この、いわゆる「マインドセット」が成果を上げるための「根本的要因」となります。

ということで、下記の3つの思考法を交えて、その重要性を説明させていただきますね。

  1. できない理由よりできる方法を考える
  2. 物事をシンプルに考える
  3. すべて結果ありきで動く

仕事で成果を出すために必要な考え方です。

ぜひ参考にしてみてください。

 

それではどうぞ!

 

できない理由よりできる方法を考える

楽しく!

これはビジネスの時だけに限らず、自分の人生を左右するほどの思考法です。

チャレンジ精神の面で人のタイプを大きく二つに分けると、必ず以下のどちらかのタイプに分かれます。

 

同じ問題や出来事に遭遇しても、

できない理由を考える人を「ネガティブな逃げ腰タイプ」

できる方法を考える人を「ポジティブな努力家タイプ」

とこのように、タイプによって考え方も180度違いますよね。

 

「自分にはそんなことできるわけない。だって…」

このように「だってだって」と言い訳をして、逃げ腰タイプの人は「できない」ことを前提にしていきます。

自分にとって都合のいい訳を考えて行動に起こせないか、起こせたとしても自分の予想通りに失敗してしまいます。

そもそも前提条件が「できない」で設定しているので当然の結果です。

 

何事に対しても「できない理由」より「できる方法」を考える人は、人間関係でもバランスが取れる思考の持ち主です。

ですから、自然と仕事の成果も出しやすい人となりますよね。

 

周りのバランスを考え、他人を思いやることができると、意識しなくても

「誰かのためにできることはないだろうか?」

「こうできれば、周りは助かるんではないだろうか?」

と考えることができます。

 

常に自分の持っているものを誰かに提供する、「give の精神」を持つ人の周りには、自然と人が集まり、その人を成功へと押し上げます。

逆に「できない理由」を考える人は、「恐れの精神」を持っています。

常に「失敗するかもしれない」という恐怖や不安に気持ちが負けており、自分に自信がないので他人を思いやる余裕もありません。

恐怖の殻に閉じこもっている限り、やることなすこと全てが「己だけのため」、つまり、どんどんエゴイストになっていきます。

 

僕が知っている成功している起業家やフリーランスの人は、ほぼ100%と言っていいほど、

「できる方法だけを考える、超ポジティブな努力家」

です。

この人たちは、前向きに人生を豊かにし、自分の思い通りのビジネスを展開しています。

近くで見ていると、本当に見習う事ばかりです。

 

ここまで聞くと、あなたも「出来る方法を考えられる人間になろう!」と意気込むかもしれませんが、言葉ほど簡単にはできないかもしれません。

ですが、僕は「人生何事も挑戦!」だと思います。

ネガティブな人ほど、この思考法を実践してみると良いでしょう。

 

物事をシンプルに考える

悩みどうしよう?

仕事で成果を出す人の共通点は「物事をシンプルに考える」ところだと僕は思っています。

成功者は基本、そのほとんどの人が素直です。

 

ですから、誰かに何かを教えてもらった際、その教えを忠実に守り実行し、柔軟性にも富んでいます。

たとえ自分の価値観とは違うものでも、良いと判断したものは「シンプル」に取り入れ、さらに成果を上げていきます。

そして、たとえ物事がうまくいかなかった時は、その原因を「自分の中」に求めていきます。

 

逆に、失敗の原因を「自分の外」に求める人がいます。

その思考は、

「景気が悪いから仕方ない」

「小さい会社では勝てないんだ」

「上司の言う通りしたから失敗した」

と全てを外側の責任にしていきます。

 

しかしこのように、外にある理由を難しく考えたところで、はたして教訓は次回に活かせるでしょうか?

そう、当然答えはノーです。

うまくいかない事をあれこれと難しく考えたところで、結局何の改善になることは少ないです。

失敗の原因はまず「自分の中」から探し出し、あくまで「シンプル」に解決し改善んていく必要があります。

 

もう一つ言いたい事は、

「時間が必要な時は出費をケチらない」

ということです。

 

あなたが真剣に成果を得ようと努力するほど、「時間」がどんどん足りなくなってくるはずです。

お金は稼ぐことで増やせますが、時間は1日24時間以上増やせません。

時間は無限に与えられているわけではなく、毎日確実に減っていく「資源」です。

 

この資源がなくなった時、人は「あらゆる全ての活動」やめなければなりません。

ですから、出来る限り「時間を節約するためには、お金をかけてもいい」という思考がとても大切です。

考え方はいたって「シンプル」ですね。

この単純な思考法こそが、最速で成果を上げる重要ポイントとなります。

 

すべて結果ありきで動く

商談成立

何事も結果が大事、僕はハッキリとそう思います。

なぜかと言うと、世の中で自分が評価される物事は全て、

「自分が行ったことに対する結果」

だからです。

 

先ほどもお話した通り、世の中には「成果が出る人」と「成果が出ない人」の2種類しかいません。

そしてその成果とは、あくまで「結果」であり、それまで辿ってきた「過程」はおまけみたいなものです。

なぜなら結果とは、「過程の上にドンッと成り立っている」わけですから。

 

しかし、日本にはよく「過程の方が大切だ」という人を見かけますが、僕が違うと思う理由の一つとして、

「日本のテスト」

があります。

 

日本の教育ではおかしなことに、テストの点数だけではなく、

ノートの読みやすさや文字の量で加点される仕組み

です。

 

ここで考えてみるとおかしな話です。

ノートを書く目的は、言うまでもなく「テストでいい点数を取るため」です。

そのノートをきれいに書くこと、つまりは「過程」を重視して、肝心のテストで点数を落として「結果」が得られていないとしたら…実に非効率的ですよね。

で、大人になってからも、これを繰り返しているビジネスマンは数え切れないほどいるような気がします。

 

このように、日本の教育を通して、子供の頃から

「過程」を重視して「結果」を捨てさせている

のです。

 

社会では言うまでもなく、「結果」がでなければ評価はされません。

世の中残酷ですが、学生時代までは褒められていた「過程」は全く役に立たなくなります。

いくら真面目に働いても、結果が出てなければ評価されず、どんなにサボっていても、結果が出れば評価は上がります。

 

成果の出ない人の特徴のとして、この本質を理解しないまま闇雲に努力していることです。

過程にフォーカスし努力をしても、結果は遠のいていく一方です。

ですから、「過程が大事」という考えはきっぱりと捨てましょう。

 

…と、ここで矛盾に感じることを言いますが、「結果は過程についてくる」というのも事実は事実です。

例えば、40代のサラリーマンが、急に柔道で金メダルを取るなんてことはありえませんよね?

オリンピックメダリストのほとんどは、少なくとも学生のうちから努力をしているはず。

いや、幼少期から努力している人がたくさんいるでしょう。

 

つまり、コツコツと努力をしなければ、高確率で成果が上がることはありません。

そして「結果」を大事にする人は、結局のところ「過程」も大切にしているということです。

もっと分かりやすく言い換えれば、

「結果」を第一に考えると、自然と良質な「過程」を歩む

ということです。

 

目線は常に「結果」に合わせて、道である「過程」を信じて前進していきましょう!

 

最後に…

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

今回は、仕事でしっかり成果を出す人と、成果を出せない人との違いを比較し、

「3つの思考法」についてお話をいたしました。

 

仕事で成果を出すためには、

  1. できない理由よりできる方法を考える
  2. 物事をシンプルに考える
  3. すべて結果ありきで動く

これらの思考法を持ちながら、愚直に行動し、信じた道を突き進むのみです。

 

一方で、成果が出ない人は、人からの評価や余計なプライドを気にして、成果を上げるための本質が見えていない状態です。

成功と失敗を分ける要素は、ほんのちょっとした考え方に違いがあるだけです。

大きな違いを生み出すために、小さな違いを積み重ねていくことが「仕事の成果の差」になるということですね。

 

それでは、今回はこれにて失礼いたします。

山元タカトブでした。

 

 

☆しょっちゅう更新中!?

山元タカトブの「お悩み相談室」「ビジネス関連記事」などなど…

あわせて読みたい
サイトマップ
サイトマップよろしければご覧くださいませ(^-^)...
ABOUT ME
アバター
山元 高翔
居住地:兵庫県 出身地:大阪府 趣味:カラオケ、ゲーム、海外ドラマ鑑賞(基本家が好き) 家族:奥さん、高校生の息子、中学生の娘、そして私の4人家族です。 仕事:サービス業を主とする組織に勤めております。 ペット:かわいいドラ猫(♂)がいます。