ビジネス関連

仕事にスピードという命を与えよう!

素早く走る人
山元が仕事をとおして思ったこと
仕事に関する小ネタ帳

 

どうも、山元タカトブです!

今回は、「仕事のスピード」をテーマにお話したいと思います。

 

仕事にスピードという命を与えよう!

 スピードウーマン

スピードがあるかどうかで、「今後の人生が成功するのかどうか?」が決まる可能性がとても高いです。

数あるパソコンの中でも、様々なことを迅速に処理できるパソコンの方がより多くの仕事をする事ができます。

パソコンだけでなく、迅速に仕事ができる人の方が様々な仕事をこなすことが可能です。

そのため、必然的により多くの仕事をする機会が増え、出世する可能性が高くなります。

 

その他にも、素早く仕事をこなせる人の方が、より早く成長することができるのではないでしょうか。

仕事を迅速にこなす事ができる人は、周囲から、

「あの人、仕事をこなすスピードが早いね~!」

と褒められたりしますから、ほんとに良い事づくめです。

 

仕事のスピードが早いということは、より多くのチャンスをつかめる可能性が高く、世間で成功者と言われている人たちは、みんな「スピード人間」です。

仕事のスピードが早ければ早いほど、成功する可能性が高いです。

今この記事を読むまで、ひょっとしたらあなたは、

「自分の人生なんだし焦らずゆっくり歩もう」

なんて思っていたかもしれませんね。

 

ですが、今日からその考え方ではなく、

「スピードを意識して日々を過ごす」

ことをおすすめします。

 

そうする事で人生がどんどん良い方向に進みやすくなります。

では次に、

「スピード上げるための考え方」

についていくつかご紹介いたします。

 

スピードを出すと仕事が安定する

一般的には「ゆっくり仕事をこなす事で丁寧に仕事ができるし安定する」と思われがちです。

しかし、実際はまったくの逆、

ゆっくり仕事をこなせばこなすほど

「仕事は不安定」

になってしまいます。

 

例えば、

あなたが自転車に乗っているとして、時速1キロで走行すると不安定となってしまい、転倒してしまいそうになると思います。

そうならないために、自転車をゆっくり漕げば漕ぐほど、力、注意力、集中力が必要となってしまいます。

すると、疲れが倍増してしまったり、スピードが遅いほど不安定になりますよね?

 

このことから、

「一定のスピードがある方が安定する」

という理論が理解できると思います。

もちろん、これは仕事においても同じ原理が働くということですね。

 

疲れないためにスピードを出す

普段から、

「疲れやすい体質だから仕事が進まない」

「疲れやすい体質だから勉強が進まない」

と感じている人、特に注目してほしいと思います。

 

なぜ、自分が疲れやすいのか?

ひょっとしたらそれは「体質の問題」だけではなく、

色々な事をゆっくりこなしている」

からではないでしょうか。

 

基本的に疲れやすい体質の人は、自然と様々な事をゆっくりこなす傾向があります。

ゆっくり物事をこなす事が全て悪いという訳ではありません。

ゆっくりとこなす事でミスなく丁寧な仕事はできます。

しかし、仕事をゆっくりと行う事で疲れやすくなるため、効率的ではありません。

言っている事が本当かどうか、今からひとつ試してみてほしい事があります。

 

一度、とりあえずこの文章を読むのをやめて、席を立って1歩5秒くらいでゆっくりと歩いてみてください。

「スロー映像のごとくゆ~っくりと…」

どうですか?

自分がどのくらい疲れるのか、感じりことができるはずです。

 

「速度がないとムダに疲れる」ということが、分かっていただけるのではないでしょうか?

年齢、性別は関係なく、体力があろうとなかろうと疲れやすく、前へもなかなか進まないので精神的にもツラくなります。

まったくもってデメリットしかありませんよね。

 

一流はみんな「スピード人間」

世間で「一流」と言われている人たちには、レベルの高い仕事、つまり高い質があるため、名誉ある功績を残すことができます。

ではなぜ、高い質があるのか?

その答えはいたってシンプル、「たくさんの仕事量をこなしている」からです。

こうすることで、自然に質も高いレベルで成長して一石二鳥となります。

 

一流の人は、たくさんの仕事量をこなしているため、自然と仕事のこなし方が上手になってきて、こなすスピード自体も上がります。

一流になるためには、

「スピード」「量」「質」という流れを守る

ことが一番の近道です。

まずは、「仕事をこなすスピードを上げる」を目標にしてみましょう。

 

スピード決断するほどいい決断になる

急げ!

少しでも早く決断する事で、自然と行動をおこすスピードが早くなります。

早く決断をすればするほど、失敗すると思われるかもしれません。

しかし実際にやってみると、失敗する可能性は極めて低いです。

その理由は、少しでも早く決断する事で「直感力」が活かされるからです。

 

自然と思いつく直感力は、過去の経験に基づいて働くため、いざという時に役に立つ事が多いです。

逆に直感力を使わず、しっかりと考えて行動しようとすると余計なことまで考えてしまい、素早く行動できなくなります。

 

金銭的な事、予定、人、場所、良い点、悪い点をぐるぐる考えはじめてしまうのはよくありません。

結局、常識に囚われてしまい、直観力が働かなくなるので注意が必要です。

 

常識の外にこそスピード感がある

基本的に常識の範囲で物事を考えていると、なかなかスピードは上がりません。

「常識」ばかりを意識しすぎて、行動に移すことが難しいと感じているかもしれませんが、

「常識はあってないようなもの」

なので気にする必要はありません。

 

先ほどから言っている「スピード感」は、先入観がなくなり、誰も思いつかないような非常識なことを考えている時にこそ発揮できます。

どうゆうことかというと、通常、「明るい性格は人に好かれる」と考えたりしますが、逆に非常識に「暗い性格が人に好かれる」と考えます。

このような考え方をする人は少ないですが、あえて違う角度から、暗い人には暗いなりに良い所があると考えたりします。

 

自分から非常識と向き合う事は、今までとは違った考え方をできたりするため、決して悪い事ではないと僕は思います。

世間一般は「常識を破ってはいけない」というルールに、忠実になりすぎです。

先ほどのお話のとおり、常識という言葉に囚われすぎているから、一流になるために必要なスピードを出す事ができないのです。

常識・非常識という事は一度無視して、自分の考えでスピーディーに動いてみましょう。

 

今しかできないことは「今」する

さらにスピードを出すために、今しかできないことを「今」する必要があります。

そうすることで自然とスピードが出てきます。

しかし、多くの人は、「今しかできない」という事を知っていて、大事なことを後回しにしようとする人がいます。

 

例えば、「勉強をしないで遊んでばかりの大学生」がそれです。

まずはともかく、遊ぶ事しか考えておらず勉強を後回しにします。

勉強は社会人になってからでも、十分間に合うと考えているかもしれません。

ですが、勉強のみに集中できるのは大学生活を送っている間だけです。

 

社会人になって、「もっと学生時代にしっかり勉強しておけばよかった」と思う大人は結構多いはずです。

それだけ勉強とは、できる時にこそしなければならない大切な事ではないでしょうか?

社会人の仕事は、勤めている会社の業務をこなす事。

学生の仕事は当然、勉強をすることですよね。

 

勉強に集中できるのは学生である「今」しかないです。

しかし、遊ぶことは勉強後でも、社会人になってからでもできます。

勉強を後回しにして、社会人になってから勉強したいと思っても、仕事で忙しくなったりすると勉強する時間がありません。

 

それに加えて、社会人になった際に「勉強を学生時代からたくさんしてきた人達」との差があるため、同じスタートラインになかなかたてません。

もちろん昇進も遅くなり、給料も上がらないため、自然と稼げなくなります。

すべては、できる時にできる事をやっていたか否かで人生は変わるということですね。

 

チャンスにもスピードが必要!

チャンスも勉強と同じで事が言えます。

チャンスも、スピード感を持って生かさなければ意味がありません。

後からでは手遅れとなってしまいます。

 

例えば、

今日まで使える映画のチケットをもらったら、「今日中」に映画を見に行かなければ映画が見れなくなってしまうのと同じです。

今しかできない事を今すぐに行い、後からでもできる事は後回しにしておくとスピードを出す事が可能となります。

 

即談即決には勇気が必要です。

ですが、やるべき事も大きなチャンスも、一度タイミングを逃したら二度とあなたの前に現れることはないでしょう。

 

「即断して失敗したらどうしよう」と思うかもしれません。

ですが、即断し即決できる人にこそ、

「チャンスと成功が訪れる」

と僕は断言できます。

 

最後に…

重要!

今回は「スピード」についてお話しました。

普段、スピードをあまり意識しなくても人は生きていけるでしょう。

 

しかし、ここに気づくかどうかで「人生が大きく変わる事」があります。

それは、仕事においてスピードを失うということは、

「多くの機会を失っている」

ということです。

 

最後の項目で述べたとおり、あなたが「スピードによって作り出した時間」で、

「行ける場所」「出会える人」「貴重な体験」

をどれだけ持てるかが

「人生を好転させる勝負の分かれ目」

となるでしょう。

 

常にスピード感を意識して仕事に臨み、

「大きなチャンス」

を掴みたいものですね!

 

それでは、今回はここまで。

山元タカトブでした。

 

 

☆しょっちゅう更新中!?

山元タカトブの「お悩み相談室」「ビジネス関連記事」などなど…

あわせて読みたい
サイトマップ
サイトマップよろしければご覧くださいませ(^-^)...
ABOUT ME
アバター
山元 高翔
居住地:兵庫県 出身地:大阪府 趣味:カラオケ、ゲーム、海外ドラマ鑑賞(基本家が好き) 家族:奥さん、高校生の息子、中学生の娘、そして私の4人家族です。 仕事:サービス業を主とする組織に勤めております。 ペット:かわいいドラ猫(♂)がいます。