ビジネス関連

機械にできない仕事とは?人間の強さを見せてやれ!

人間VSロボット
山元が起業や独立の参考になった
仕事にまつわる小ネタ帳

 

 

来たる仕事機械化社会に向けて、僕たち人間が生き残る仕事法とは何でしょうか?

 

人間には、いくら機械が発達したとしても、

絶対に勝つことができる強みがあります。

それは、前例や過去のデータがない状況で発揮される

創造力と柔軟性です。

 

例えば、こんなお話。

未来の仕事機械化について本気で協議してみる!

 

そう遠くない未来、機械化により職業の2つに1つは自動化されるリスクが高いと最近よく言われています。

 

機械(人工知能)は膨大なデータから瞬時に学習し、様々な仕事を人間のようにできるようになりつつあります。

 

  • 機械には何ができて何が出来ないのか?
  • どんな仕事に、自動化や喪失のおそれがあるのか?

 

近年 AI(人工知能)の発展は著しく、2012年には高校生の書いた小論文を採点できるアルゴリズムが開発され、人間の教師の採点と一致する評価をすることができました。

 

また医療の分野では、眼球の写真から糖尿病性網膜症の診断をし、人間の眼科医の診断と一致する結果を出しました。

 

適切かつ膨大なデータさえ与えれば、様々な分野で機械は人間より優れた結果を出し始めています。

 

  • 教師は40年の経歴において小論文を1万本読むかもしれません。
  • 眼科医は眼を5万個診断するかもしれません。

 

しかし、機械であれば数分のうちに数百万の小論文を読み数百万の目を診ることができます。

 

頻度が高く膨大なデータを処理する仕事では、人間が機械に勝てる見込みはありません。

 

しかし我々にできて機械にできないことがあります。

それは何だと思いますか?

 

実は、機械にも技術がほとんど進歩していない部分があります。

 

それは、機械は前に見たことがない状況はうまく処理できないということ。

 

すなわち、「経験のない状況で判断する技術」です。

 

機械の学習には、「大量の過去データから学ぶ必要がある」という点で根本的な限界があります。

 

しかし人間は違います。

 

我々は、ほとんど共通点のない手がかりを繋ぎ合わせ、見たことのない問題を解決することができます。

 

例えば、ある高名な物理学者が考案した家電製品があります。

 

結論だけ端的に言うと、彼は「マグネトロンがチョコバーを溶かす」ということに気が付きました。

 

この言葉だけを聞いても全く意味が分からないと思いますが、つまり

 

電磁波に関する理解料理に関する知識

 

を結びつけることで、どこの家庭にでもあるアレを大発明したのです。

 

さあ、この家電製品が何だか、もう分かった人もいるかもしれませんね。

 

そう、電子レンジです!

 

これこそが創造力の素晴らしい一例です。

 

学者さんじゃなくても、誰にでも毎日何百回とひらめきは起きています。

 

経験のない状況において機械は人間には勝てず、それこそが人間の仕事の自動化に限界を与えています。

 

これを将来の仕事に結び付けるとどうなるでしょうか?

 

様々な仕事の未来と運命は、ある一つの問いへの答えにかかっています。

 

問:あなたの仕事は、高頻度多量データ処理に還元できる部分がどの程度あり、前例がない状況への対応を求められる部分がどの程度あるのか?

 

大量のデータ処理については機械はこれからもどんどん賢くなっていきます。

 

先ほどの例にあった通り、今では機械が論文やテストを採点し、まだ範囲は狭いにしろ正確に病気の診断をします。

 

機械化により、これらの類の職業につくことは将来難しくなります。

 

ここで大きなポイントになるのは、「機械は経験のない状況に対応する技術が進歩していない」という点です。

 

どういうことなのかビジネスに置き換えて考えてみます。

 

マーケティングにおける宣伝文句は、消費者の関心を引く必要があります。

 

数あるコマーシャルの中で、とにかく目立っていなければなりませんよね?

 

ビジネス戦略とは、他社がやっていない市場に隠れているニッチを発見することです。

 

これらを作り、探し出し、様々な要素を繋ぎ合わせるのは人間の役目であり、前例のない状況から機械にはない創造性と柔軟性を発揮し、活路を見出すことも人間にしかできません。

 

「常に新しいことに挑戦し、学んだことを発信して創造する」ことができれば、常に機械より先んじた仕事することは十分に可能です!

いかがだったでしょうか?

 

少し大げさかもしれませんが、

「人間VSロボットの労働戦争」

といったところですかね(笑)

 

将来、確実に起こり得るこの波は、100%僕たちの生活に何らかの影響を及ぼします。

 

この記事を読み、未来の働き方について真剣に考えているあなたはとても賢明な方だと思いますので、仕事機械化社会に対応し、

創造性と柔軟性

常日頃から磨くよう意識していきましょう!

 

そして僕は、

あなただけの感性を活かせる働き方として、

ネットビジネスを強くおススメしています。

 

→HOMEに戻る

☆しょっちゅう更新中!?

山元タカトブの「お悩み相談室」「ビジネス関連記事」などなど…

あわせて読みたい
サイトマップ
サイトマップよろしければご覧くださいませ(^-^)...