ヤフオクエスト!

ヤフオク 出品の手順を解説

出品の秘宝が放つ光で勇者の剣が輝き、新たなる力を手に入れました!

→最初からヤフオクエスト!を始める方はこちら

 

このレベルでは、いよいよ出品を始めます!

出品手順の解説(色々技ありノウハウ編)ということで、

ここまでの長い道のりで準備は全て整いましたか?

 

ヤフオクの出品システムを解説しつつ、「各種設定方法」「効果的なオプション使い方」など、使えるちょっとした小技と裏話を紹介させていただきます。

 

こちらも情報盛りだくさんのパートとなっていますのでお楽しみに!

 

出品手順は、かんたん簡単!

 

出品入力方法

まずは「マイオークション」ページを開いて下さい。

 

「オークション出品」をクリックして下さい。

 

このように、カテゴリを選択する画面になりますので、タブを下にずらして…

ファッション

ブランド別

エルメス

の順番でクリックしていって下さい。

 

 

さらにタブをクリックしていきます。

かばん、バッグ

その他

このカテゴリに出品

の順番でクリックしていって下さい。

最後の「このカテゴリに出品」をクリックすると、必須項目の入力画面に移ります。

 

次に、HTMLタグ入力を行いますが、レベル6の

→ヤフオク アクセス数を増やすテクニック集「まとめ(商品説明ページの一例)」

で説明したHTMLがあれば、赤枠の部分にそれをそのまま貼付けて下さい。

 

 

コピペしたHTMLコードの中にあるタイトル部分をコピーして、商品名の欄に貼り付けして下さい。

続いて、下にスクロールさせていくと設定・入力する項目が出てきます。

 

販売形式は当然オークション形式で出品】にチェックを入れて下さい。

次に価格設定の「開始価格」を【1円】で設定して下さい。

レベル6の「開始価格の設定」でも説明しましたが、ここを売りたい金額で設定してしまうと、アクセスが集まらず落札値が上がりません。

即決価格は、商品の特性や売り方によっては任意で設定しても良いでしょう。

個数は、一品物の中古品を販売するわけですから【1個】でOKです。

 

 

「開催期間」については、土曜日の午後10時〜午後11時】に設定して下さい。

※重要ポイントも含め、後で詳しく説明させていただきます。

「決済方法」は、かんたん決済一択ですね。

→ヤフオクを始めるために準備すること「Yahoo!かんたん決済について」参照

「商品発送元の地域」は、Yahoo!IDを取得した際の住所で表示されます。

市区町村は記載なしで構いません。

次の「送料負担」についてですが、【落札者】にチェックを入れて下さい。

↑「送料負担」についてですが、【落札者】にチェックを入れて下さい。

 

これもまたレベル6の「送料の設定」で説明したとおりですが、お客さんに対するサービスとして送料は1,000円以下で設定します

まずは、「配送方法」の【出品時に送料を入力する】にチェックを入れて下さい。

次に、下へスライドしていき…

その【他の配送サービス】にチェックを入れて、利用する【配送方法と料金】を入力して下さい。

 

「発送日までの日数について」は、なるべく早いに越したことはありません。

発送が遅れて、お客さんのテンションを下げてしまわない様にしましょう。

「商品状態」は、メルカリの影響を受けたリニューアルでしょうか?

状態の受け取り方は人それぞれ違いますので、クレームを受けないためにも適正な設定を心がけて下さい。

2019年1月以降、「中古」、「その他」、「備考」の3項目は使用不可です)

 

 

「返品の可否」ですが、【返品不可】にチェックを入れて下さい。

では次は、「画像のアップロード」についてです。

 

写真の掲載方法

まずは「画像登録画面へ」をクリックすると、画像1〜10枚までを選択できます。
「ファイル選択」をクリックして、出品する商品の画像を選択して下さい。 

 

画像を選択したら、右下の「開く」をクリックして下さい。

 

これで、画像1へアップロードの準備ができました。
(この時点ではまだアップロードされていません)

さらに、画像2、画像3も同様にアップロード準備をしていって下さい。

同じ手順で必要数の画像を準備ができたら…

↑上の画像、アップロードのすぐ下の「商品の色」は初期設定の未設定でOKです!

人によっては黒に見えるものが紺色に見えたりするので、色を指定すると逆にトラブルの元になったりするからです。

 

画像1枚1枚にカーソルを合わせると「コメント(任意)」を書き込めるので、「美品です」などの商品をアピールする文言を書くと良いでしょう。

次は、オプションの設定をしていきます。

 

各種オプション設定について

チャリティーオプションは、当然ビジネスですから「設定しない」にしましょう。

 

次は取引オプションです。

「入札者評価制限」

チェック項目は、

  • 総合評価で制限
  • 非常に悪い・悪い評価の割合で制限

の2つがあります。

これはどちらもチェックをつけて置いて下さい。

画面の説明のとおり、

■「総合評価で制限」は評価の合計が−1以下の利用者は入札できなくなる。

■「非常に悪い・悪い評価の割合で制限」は【非常に悪い・悪い】の評価の割合が多い利用者は入札できなくなる。

という制限ですので、どちらもチェックをつけて下さい。

ただ、これで完全に悪評の人を排除できるわけではありませんが、ある程度の抑止力は持っています。

少しでも悪評のある人を減らして、いたずら入札やクレーマーからの被害を防ぎましょう。

 

「入札者認証制限」

これも必ずチェック入りなのですが、簡単に説明すると

  • モバイル確認や本人確認書類の提出がない
  • 本人確認がとれていないユーザーは入札できない

という制限です。

 

「自動延長」

ヤフオクは、参加者の競争心によって落札額がどんどん上がっているわけです。

ですので、設定のあるなしで落札額は大きく変わってきます。

終了時間が5分を切っているときに入札すると、終了時間が5分延長になる。

というシステムですが、これを設定していない出品者はまずいません。

100%、絶対にチェックを入れておいて下さい。

 

「早期終了」

これは、終了時間を待たずに、出品者の好きなタイミングでオークションを終わらせることができるシステムです。

特に落札額が上がるのは終了時間間際ですので、途中でオークションを終了させる必要性は全くありません。

 

「自動再出品」

こちらは、入札者が1人もいない状態で終了時間を過ぎた場合に、自動で再出品してくれるシステムです。

しかし、1円で出品する場合は落札されないことはありえませんので、初期設定のままノーチェックでOKです。

 

「出品者情報開示前」

通常、落札後に落札者から取引情報の連絡があって、出品者情報が自動開示されます。

このオプションを設定すると、自動開示されず、落札者の取引情報入力後に出品者が情報を手動開示するステップが増えます。

つまり、落札者の評価などを事前に確認するための機能ですが、取引が遅くなるだけなので設定しないほうが良いです。

 

「最低落札価格」

これに関しては設定しないで下さい。

この最低落札価格は、入札者にはいくらで金額設定されているのか
わからないシステムになっています。

詳しくは、レベル6の

→ヤフオク アクセス数を増やすためのテクニック集「即決価格と最低落札価格について」参照

 

 

PRオプションについて

「あなたへのおすすめコレクション成果報酬型オプション)

ヤフオク利用者のマイページなどで「関連商品」として広告のように表示できますが、入札が1回でもあれば料金がかかります。

料金が落札価格の1%以上と高いので、使わない方がいいです。

 

 

「注目のオークション」

設定金額(1日1出品あたり20.00円(税込21.60円)以上)が高い方が、商品検索ページで上にある「注目のオークション」の欄に表示されます。

これは非常に重要なのですが、この時点では設定しません。

出品後に設定詳しくは後ほど説明)しますが、

有料オプションの中で、これが一番効果的です。

 

 

「太文字テキスト」

商品検索ページで表示されるタイトルを太字表示させるオプションです。

料金が1出品あたり10.8円と安いので、オークション形式で長期間出品する場合で
高額商品の場合は付けても良いと思います。

ちなみに、僕は「太字テキスト」をよく使用しています。

理由は「文字が太くなって見やすくなるから」で、パッと見でタイトル文字が細いと貧相に感じるからでもあります。

うーん、当たり前(笑)

 

「背景色」

商品検索ページで表示される背景が黄色になり、通常は白色背景の商品よりも目立ちます。

1出品あたり32.40円(税込)で地味に高めです。

このオプションを使っている人は「注目のオークション」と併用している場合が多いです。

確かに背景が黄色になって目立ちますが、人気のあるジャンルの場合、上位表示のほとんどが背景色を付けているので、逆に使わない方が目立ちます。

 

「目立ちアイコン」

f:id:olivelive:20160923140203j:plain

ご覧の通り、オークションのタイトル横に特徴を示すアイコンが表示されます。

1出品あたり21.60円(税込)です。

色々な種類がありますが、ほとんど効果は感じられませんので使いません。

 

「贈答品アイコン」

プレゼントに適した商品であることをアイコンで表示します。

こちらも1出品あたり21.60円(税込)です。

ええ、そうです。使いません(笑)

 

「アフィリエイト」

自分で出品した商品を他の人にブログなどで宣伝のリンクを貼ってもらい、売れれば落札額の1%がその人に支払われるサービスです。

これも使う必要はありません。

 

さて、ここまで終われば最終チェックを残すのみとなります。

何回も出品していている場合は、そのまま「下書き保存」(最大10件まで可能)でもよいのですが、ここではまず「確認画面へ」をクリックして下さい。

 

すると、このように実際の出品画面を確認することができます。

画面を下へスクロールさせて、念のため、支払い方法や送料、終了時間など
間違いがないか確認して下さい。

 

 

ここで、「ガイドラインと以下の注意事項に同意して出品する」を押せば出品完了なのですが、ちょっと待って下さい!

 

一度「修正をする」をクリックすることで、説明入力画面の「通常入力」でページが表示されるようになり、文字の各種加工ができるようになります。

 

出品ページの文字を赤色にしたり、太くしたりして目立たせることはとても重要です。

その他にも、複数出品をしている場合、自分の「出品リスト」のURLで外部リンクを作成することもでき、アクセスアップにつなげることができます。

 

全ての出品項目や画像に間違いがないかをよく確認して、問題なければ

「ガイドラインと以下の注意事項に同意して出品する」

をクリックして下さい。

 

最後にこのような画面が表示され、出品完了となります。

 

あと念のため、きちんと出品されているかどうかを確認して下さいね。

ちなみに確認方法は、マイオークション内の出品中アイコンをクリックして下さい。

 

ちゃんと出品されてますね!

 

お疲れさまでした。

これにて、出品の手続きはすべて完了となります。

 

次は、補足事項の説明をさせていただきます。

 

カテゴリーについて

さて、まずは【カテゴリーの考え方】について触れておきます。

☆そもそも出品のカテゴリとは何?

例えば、ブランドバッグの場合、

  • ブランド名
  • 商品名(形の種類)
  • バッグの種類

などを細分化し、入札する人の検索を簡単にするためのものです。

エルメスであれば、

ケリー、バーキン、ボリードなど、

ハンドバッグ、ショルダーバッグなど、

出品する商品によって、カテゴリーを正確に選ぶ必要があります。

 

基本的な選び方として、

「ショルダーバッグ」なら「ショルダーバッグ」のカテゴリへ

「ハンドバッグ」なら「ハンドバッグ」のカテゴリへ

出品することがとても大事です。

カテゴリーに名前がないバッグについては、「その他」を選択して出品して下さい。

 

当たり前のことではありますが、これが適当なせいで落札額が伸びていない出品者を見ることがあります。

 

「出品する商品とカテゴリをバッチリ合わせる」

この基本的なことだけで、

ショルダーバッグが欲しい人にはショルダーバッグを

ハンドバッグが欲しい人にはハンドバッグを

検索でヒットさせ、アクセスを呼び込みやすくなります。

 

これは必ず徹底しておきましょう。

 

有利な終了時間と設定テクニック

次は、ゴールデンタイムと呼ばれる終了時間と、その設定で使えるテクニックについての紹介です。

 

先ほどの出品手順で述べたとおり、

「終了時間」は「土曜日」の「午後10時から午後11時」に設定

して下さいということでしたよね?

その理由は、ネットオークションにおけるゴールデンタイムと呼ばれる時間帯がこの時間帯であるからです。

 

ヤフオクで有利な時間帯とは?

では、詳しく説明していきます。

ずばり!ネットオークションにおけるゴールデンタイムとは、

テレビがよく見られていない時間帯(仕事の時間帯は除く)」です。

 

なぜそう言えるのかというと、

  • テレビの視聴率が高いとネットを見ている人が少ない
  • テレビの視聴率が低いとネットを見ている人が多い

という結果が、テレビ局等による調査で明らかになっているからです。

 

一般的に、

  • 仕事や家事などに追われている時間帯
  • テレビに気を取られやすい時間帯

はさける必要があります。

 

また、ひとしきりテレビも見たし、明日は休みで夜中にやる事もない、

こんな人たちが

「暇つぶしがてら、ネットでも見るか~!」

となっている時間帯が

「土曜日」の「午後10時から午後11時」

であることが多いのです。

これ以上遅い時間帯である午後0時以降になると、今度は寝てしまう人が多くなり、微妙な時間帯になってしまいます。

 

あと、もう一つのおススメの時間帯は、

「日曜日」の「午後9時から午後10時」

です。(これは僕の主観がさく裂していますw)

理由としては、

「日曜日の夜はあまりテレビが面白くない」

かといって、

「明日が仕事でも、寝るには少し早すぎる時間やん」

「ヒマやから眠くなるまでネットでも見るか~!」

となることが多いからです。

 

実際この時間帯でも、結構良い成果が出るときがあります。

 

実験的な所もあり、絶対的にこの時間帯が良いとは言いません。

参考のひとつとしていただき、色々と試してみて下さいね。

 

 

時間設定テクニック!

さて、これを踏まえて、

オークションのゴールデンタイムは、土曜日と日曜日の夜21時〜23時であることがわかりました。

さらにここで、

「もっと細かく時間を設定できないの?」

「午後9時20分がいいとか、午後10時40分がいいって場合はどうするの?」

と思う方もいるかと思います。

 

ですが、

ヤフオクでは終了時間の「分」までは設定ができない仕様になっています。

 

…普通に設定した場合は。

 

そうです、あるテクニックを使えば、この「分」の部分も思ったとおりに設定することが可能なのです。

 

では説明させていただきます。

そもそも、ヤフオクのオークション終了時間の「分」は勝手にランダムで決まっているわけではありません。

 

では、どうやって決まっているのか?ということなのですが、

ヤフオクの終了時間の「分」は、上の画像

「このカテゴリに出品」【クリックした瞬間の現在時刻】の「分」に
設定されるのです。

例えば、

終了時間を1月3日の「午後9時から午後10時」に設定するとします。

設定を入力して、1月1日の午前720分に「このカテゴリに出品」をクリックしたとすると…

終了時間は1月3日の「午後9時20分になります。

 

例をもうひとつ、

終了時間を7月9日の「午後8時から午後9時」に設定するとします。

設定を入力して、7月7日の午前640分に「このカテゴリに出品」をクリックしたとすると…

終了時間は7月9日の「午後8時40分になります。

 

つまり、

「このカテゴリに出品」をクリックした瞬間の時刻の「分」が、そのまま終了時間の「分」になるということですね。

こうすることで、「分」の部分までコントロール可能になるのです。

知ってしまえば簡単ですので、オークションのゴールデンタイムを狙うテクニックとして活用してみて下さい。

 

そしてもうひとつ、開催期間についての説明をさせていただきます。

開催期間というのは、商品を

「○月○日の○時○分から、○月○日の○時○分まで出品する」

という期間のことです。

 

この開催期間は、長ければ長いほどヤフオク参加者の目に留まる確率が上がるので、なるべく長い方が良いです。

ゴールデンタイムに終了することを考慮すれば、土曜日に出品して、次の週の土曜日の夜に終わるように、設定可能な最大7日間で設定するのがベストということですね。

 

注目のオークションの詳細

自分の商品を多くの人に見てもらうため、

「注目のオークション」

はPRオプションの中でも欠かすことができないシステムです。

 

このシステムのポイントについて、詳しく説明させていただきます。

 

注目のオークションの有効な使い方

 

注目のオークションとは?

設定金額(1日1出品あたり20.00円(税込21.60円)以上)が高い上位3つのオークションに「注目度No.1~3」のラベルが表示され、商品検索ページで上にある「注目のオークション」の欄に表示されます。

 

簡単に言うと、

【支払ったお金の額に応じて、自分の商品が検索で上位表示されやすくなる】

というオプションです。

ちなみにこちら、出品手順の項目で出品後に設定するといっていた部分ですね。

有料オプションの中で一番効果的である、とも説明いたしました。

 

ですが、このシステムは、使い方のコツを知らないと

無駄な料金を払う事」

になってしまいます。

 

どういうことなのかを説明していきます。

 

現在、ヤフオクの仕様として「注目のオークション」を設定した場合、

カテゴリの中で商品が表示されるようになります。

 

例えば、エルメスのガーデンパーティを

「すべてのカテゴリ」 > 「ファッション」 >「ブランド別」> 「エルメス」>「かばん、バッグ 」> 「その他 」

のカテゴリーで出品して、注目のオークションを設定するとします。

 

下の表は、上記カテゴリー内での「注目のオークション表示順位」を示した実際のものです。

 

表右端の「金額/日」料金額を見ていただくと、1位表示されるために必要な料金が

1日当たり74円

かかっていることがお分かりになると思います。

 

オークション開催期間を5日間とした場合、

1日74円 × 5日間 = 370円

料金がかかることになります。

 

ちなみに、このカテゴリーはまだマシな方で、もっと競合が多いカテゴリーになると

1日当たり200円から300円

かけられている商品がゴロゴロあります。

 

話を戻します。

もし、先ほどの状況、カテゴリートップの設定料金

1日74円 × 5日間 = 370円

を把握しないまま、闇雲に「注目のオークション」を設定したとするとどうなるでしょうか?

 

出品時に適当に一日100円で設定したとすると、

1日100円 × 5日間 = 500円

料金がかかります。

もし同じ条件で表示トップを狙うとすれば、370円を上回ればいいわけですから、

1日75円 × 5日間 = 375円

支払えば事足りますよね?

 

つまり、

500円 - 375円 = 125円

の料金は「必要のない経費」になってしまうということです。

 

もちろん、自分のオークション開催中も、他の出品者が「注目のオークション」を設定してきますから、多くかけた分が完全に無駄になるということはありません。

ですが、そこまでして上位を獲ることは、コストパフォーマンス上よろしくはありません。

 

さらにいうと、開催期間が長い場合でも、出品の残り時間が1日か2日くらいになってから設定したほうが良いです。

その理由は、オークションの値段の競り合いはたいてい終了間近になって白熱する傾向があり、コスパ上で考えてもこちらの方がメリットが大きいからです。

 

さて、

出品するとき、普通は「PRオプション」から「注目のオークション」を設定しがちですが、この方法がおススメではない理由がお解かりいただけたでしょうか?

↓先ほど説明した画像②のところです。

つまり、注目のオークションは「効果的なタイミング」と「必要最小限の料金」で利用することが重要ということです。

 

注目のオークションの設定手順

次に、ガーデンパーティの出品を例にして、具体的な設定手順を解説します。

 

まず、出品後に出品リストを開きます。

マイオークション内の「出品中アイコン」をクリックします。

するとこのように表示され、右側に「管理」とあるのでクリックします。

 

 

下の画面が表示されるので、その中の設定オプション「このオークションを注目させる」を選んでクリックします。

 

↓1番上にある項目ですね。

 

 

 

 

 

 

するとこのように、自分の出品カテゴリで「注目のオークションを使っている人たちの設定価格」を確認できる画面に移動します。

 

ここで画面を下にスクロールさせると…

ズラーっとオークションIDが表示順位ごとに並んでいます。(右端に設定価格が表示)

順位を見ると1位と2位が74円、3位が73円と続いています。

このように、ライバルたちの設定価格を確認してから、自分の価格を設定すればいいわけですね。

全体画面右上の「設定」枠にガイドラインに同意にチェックを入れて、ここでは例として、1位を獲るために75円と入力し、最後に確認をクリックします。

 

 

確認をクリックした後、最終確認の画面が表示されますので、

  • 1日あたりの設定金額
  • オークション残り日数

から算出された

1日75円 × ○日間 = ご利用料金

を確認し、よければ設定します。

 

すると…

【注目のオークションの設定が完了しました。】のメッセージが表示されて完了です。

 

 

上位表示の確認について

設定が完了したので、ちゃんと上位表示されているかを確認してみます。

注目のオークションの表示方法には大きくは2つあります。

 

1.キーワードで検索する場合

例えば、「エルメス ガーデンパーティ PM」と入力して検索してみます。

 

商品タイトルのキーワード検索時に、ページトップに表示される注目のオークションは、

課金額上位3商品までのみとなります。

 

ちゃんと1位表示されていますね!

☆ちょっとした裏話をひとつ

上の画像にあるとおり、注目のオークション課金額の4位以降には「すべてのオークション」欄に表示されます。

そのため、課金額によって「注目のオークション」欄に表示されない場合もありますが、それはエラー等ではなく、そういう仕様になっているのです。

なお、設定順位が4位以降になっても、注目のオークションの課金額が表示順位に反映され、「おすすめ順」の並び順に加味されるので、払い損ということはありません。

(ヤフオクに直接問い合わせして得た情報なので、間違いないと思います)

 

 

2.カテゴリーで検索する場合

「注目のオークション」順で検索する事で、正確な順位で表示させることが可能です。

「すべてのカテゴリ」 > 「ファッション」 >「ブランド別」> 「エルメス」>「かばん、バッグ 」> 「その他 」

を検索して、並び順を「注目のオークション」にして見てみると…

 

こちらもしっかりと1番目に表示されてます!

4位以降も、注目のオークション課金額の正確な順番で表示されます。

 

さて、以上で「注目のオークションの詳細」についての解説を終わります。

ヤフオクの「PRオプション」のロジックは定期的に変更されることがあり、なかなかややこしいとは思います。

ですが、この仕組みを理解し上手く利用することで、経費を抑えながら効果的に商品をアピールできるのです。

 

収益を大きくするために、ぜひとも活用してみて下さい。

 

最後に…

このパートで説明してきた手順とテクニックを実践することにより、運の要素に負けない、安定した利益を上げるビジネスとしてのオークションをすることができます。

「落札金額は狙って上げることができる」ということを実感していただければ嬉しいです。

そして、このノウハウをテをフル活用しながらも、常にお客さんの目線に立った出品をする必要あります。

 

次のレベル8では、自分が出品した商品が落札された後の顧客対応について説明させていただきます。

→HOMEへ

ABOUT ME
アバター
山元 高翔
居住地:兵庫県 出身地:大阪府 趣味:カラオケ、ゲーム、海外ドラマ鑑賞(基本家が好き) 家族:奥さん、高校生の息子、中学生の娘、そして私の4人家族です。 仕事:サービス業を主とする組織に勤めております。 ペット:かわいいドラ猫(♂)がいます。