ビジネス関連

仕事を雑用で輝かせる方法

グッジョブ!
山元が仕事をとおして思ったこと
仕事に関する小ネタ帳

 

どうも、山元タカトブです!

 

今回は、「仕事を雑用で輝かせる方法」についてお話します。

 

仕事で輝くとは?

 輝く仕事

仕事で輝くとはどういうことでしょう?

まずはこの部分からお話ししていきたいと思います。

 

仕事で輝く、つまりキラキラした職場にいたり、キラキラしたプロジェクトを請け負うなど、いわゆる花形的な部署にいるということが「仕事で輝く」ことでしょうか?

だとすれば、手っ取り早く仕事で輝くためにおべんちゃらを使い、上司に下げたくもない頭を下げ、キラキラとした花形の職業で人を顎で使うようなポジションに就けば良いのでしょうか?

一見簡単そうに見えますが、はたしてこれで本当に仕事で輝くことができるのでしょうか?

 

答えは…イエス!

ではありません。

 

仕事で輝くということは、もちろん花形的なポジションにいてキラキラした仕事をしたり、色々な人に仕事を頼んだりする立場になるということも考えられます。

ですが、こういった花形の仕事をしてキラキラと輝いている人は、人知れず努力をしているものなのです。

 

よくある話、

「あいつは花形のポジションに入って良いとこ取りしているように見えるよなあ」

「あいつは仕事で輝いてるからいいよな、俺らなんて縁の下の力持ちだから表に出る事なんて無いんだぜ」

という陰口を叩く人がいますが、彼らは花形ポジションの人たちの知られざる努力を文字通り知らないのです。

 

本当に仕事で輝いている人は、知られざるところで細かいところの仕事や雑用など、基本中の基本、つまり新入社員の頃に行っていたような仕事を大事にしているものです。

これはどういうことなのか?

次の項目以降でご紹介していきます。

 

仕事の神は細部に宿る

穏やかな人

仕事の神は細部に宿ります。

よく神は細部に宿ると言ったりしますがこれは本当にその通りです!

 

「仕事の品質やクオリティ、そして輝くかどうか」

これは「雑用」に全てがかかっていると言っても決して過言ではありません。

というよりキラキラとした仕事は、その屋台骨となる雑用があるのです。

 

この雑用を人にやらせるということもできなくはありませんが、ここを疎かにしてしまうと、結果的にそれは上っ面だけのキラキラでしかありません。

本当にあなた自身が仕事で輝いているという状況にはならないのです。

 

例えば資料作り。

これをまる投げすることもできます。

しかし、あなた自身がチェックを行い、その仕事を

「貴方の色に染め上げなければ」

あなたの仕事にはなりません。

 

よく、プロフェッショナル・エグゼクティブ層が、

  • 細かい雑用の部分だからこそ人に任せることはできない!
  • ここが崩れると自分の仕事が崩れてしまう!

といって小さい仕事を自分でこなしているというケースがあります。

 

これは、エグゼクティブ層が経験則から、

雑用こそ重要な事

であると理解しているからです。

 

雑用で輝くあなたの「仕事」

love-my-job

ここまでのお話でいくと、雑用であなたの仕事は輝くというわけです。

今、あなたの業務リストに入っている雑用はどのくらいありますか?

そして、着手できていないものはどれくらいありますでしょうか?

 

現状を変えたいと思っているあなたは、業務リストの片隅に埋もれてしまったような「着手できていない小さな仕事」を人に振るのをやめましょう。

そして、「小さな仕事だからこそ」コツコツと自分で取り組むというところから始めてみてください。

 

もし、あなたが自分に自信がなく、あなたの仕事にも自信がないという場合。

こういった小さなところから準備を進めていくことにより、大きな成果につながったり、ひいてはあなたの自信につながるという効果もあります。

 

仕事の本質は細かいところにあります。

どんなに綺麗で華美が施されている建物も、その地盤や基礎がなければいつ崩壊するか分かりません。

このことこそが、「仕事の本質的な要所」と言えるでしょう。

 

 

基本ができていて、そこから徐々に応用編ということで基本を省略していくというのはよくある話です。

しかし、基本ができていないのにも関わらずいきなり応用に行くと、「上っ面だけは」うまくいくかもしれません。

ですが、基本的なところを理解していなかったり、細かい雑用ができていないことによって、あなたの仕事はいつ崩壊するかわからないというわけです。

 

まとめ

楽しく!

あなたの仕事を輝かせ、そしてあなたの自信に結びつくのは雑用です。

キラキラした仕事や花形の仕事は、まさに雑用の集大成と言えるでしょう。

 

いきなりそのポジションについてしまうと上辺は良いかもしれません。

ただし、それは組織のバックボーンや周りからの支援があることによって演出されている

あなたの仮装でしかない仕事」

と言わざるを得ません。

 

きちんと腕一本で生活していける、そんな人間としてのレベルアップを図るのであれば、基本的な雑用から丁寧にこなすようにしていきましょう。

このことがあなたの仕事を変え、そしてあなた自身を

キラキラと輝かせる

はずです。

 

それでは、今回はここまでとなります。

山元タカトブでした。

 

 

☆しょっちゅう更新中!?

山元タカトブの「お悩み相談室」「ビジネス関連記事」などなど…

あわせて読みたい
サイトマップ
サイトマップよろしければご覧くださいませ(^-^)...
ABOUT ME
アバター
山元 高翔
居住地:兵庫県 出身地:大阪府 趣味:カラオケ、ゲーム、海外ドラマ鑑賞(基本家が好き) 家族:奥さん、高校生の息子、中学生の娘、そして私の4人家族です。 仕事:サービス業を主とする組織に勤めております。 ペット:かわいいドラ猫(♂)がいます。